Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故治療 自賠責保険について

交通事故治療 自賠責保険について

2014.07.04 | Category: 交通事故

 
 

自賠責保険とはどんな保険か?

 

 

必ず加入が義務づけられています

 

自賠責保険は正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といい、自動車やバイク・原付で公道を運転する際に必ず加入が義務付けられており、未加入・期限切れで運行するとそれだけで1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金に処されてしまうため、強制保険とも呼ばれます。

 

 

人身事故にのみ適用されます

 

車両運行に関する事故での被害者救済保険であり、補償範囲は加害者以外の対人賠償(ケガの治療費やそれによる慰謝料)に限定され、事故で壊れた物の修理や補償には作用しません。また、補償される金額には限度があるため自賠責保険の補償範囲を超えたものは任意保険で補うかたちとなります。

 

 

ケガをすれば被害者です

 

自賠責保険でいう被害者(補償対象となる人)の定義は「事故により死傷した人」であり、加害者(補償対象とならない人の定義は「100:0の完全過失者」となります。つまり、過失が重い側がケガをした際でも相手に少しでも過失があれば自賠責保険では被害者扱いとなるため、相手の自賠責保険を使い治療をうけることができます。

 

 

補償金額と重過失減額について

 

自賠責保険では死亡時・後遺症害が残った時・障害のみの場合補償金額の上限がそれぞれ決まっています。この金額は、1回の事故で複数の被害者がいた場合でも、被害者一人ごとに決められた補償額になります。
また、自賠責保険は任意保険と違い厳格な過失相殺をうけないようになっているが、被害者に重大な過失があった際は、補償される最大金額が減ります。これを重過失減額
といいます。以下にまとめました。

 

       

 

 

 

補償適用・保障範囲について

 

自賠責保険がどういう条件で適用されるのか?の定義としては、「自動車の運行によって、他人を死傷させた場合」になります。ここで言う自動車の運行というのは、ドアの開け閉めなど自動車を走らせていない時の事故でのケガも含まれます
また、自賠責保険で補償されるのは、交通事故で死傷した加害者以外の「他人」に対する補償(対人賠償)に限られます。ここで言う「他人」の定義は血縁関係のことではなく、「運転手および運行供用者以外」を指します。運転供用者とは「自動車の運行を支配し
利益を享受する者」とされています。

下図に記載しますが、この判断をめぐっては弁護士などの専門家に相談するのが確実です。

 

         

 

 

                  

 

 

自賠責保険についてこれ以外でも何か不明な点や、交通事故に関することでご相談などございましたら、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2階もみの木整骨院仙台鈎取店へご相談下さい。
交通事故むちうち肩こり腰痛頭痛などをはじめとした様々なお身体のお悩みをサポートしております。是非ご来院下さい!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ