Blog記事一覧 > 疾患・症例解説 > 後縦靭帯骨化症(OPLL)

後縦靭帯骨化症(OPLL)

2014.08.18 | Category: 疾患・症例解説

 
 

後縦靭帯骨化症(OPLL)

 

先日、後縦靭帯骨化症(通称OPLL)の患者様が来院されました。今回はこの後縦靭帯骨化症について書いていこうと思います。

 

後縦靭帯骨化症とは?

人間の背骨、いわゆる脊柱は頚に7個、胸に12個、腰に5個、仙椎5個と尾骨3~5個が1つに癒合した仙骨尾骨に分類され、これらが連なって脊柱を形成しています。
椎骨とは基盤となる「椎体」、その後ろにそれぞれ場所によって少しずつ形は違うものの「椎弓」というアーチ状の骨が伸び、その前部に脊髄神経を通す「椎孔」という穴があります。この椎体を上下でつなぐ役割を担っているのが「後縦靭帯」と呼ばれる靭帯で、椎体の前方(腹側)をつなぐ靭帯を「前縦靭帯」といいます。また、後縦靭帯の後方には椎弓をつなぐ「黄色靭帯」が存在し、椎弓後方の棘突起間を結ぶ靭帯を「棘間靭帯」と呼びます。
この後縦靭帯にカルシウムが沈着・または肥大化し、骨のように硬くなってしまう病気が後縦靭帯骨化症(OPLL)といいます。
また、前縦靭帯・黄色靭帯も同様の理由で骨化を起こしやすく、遺伝も含め明確な原因も解明されていないため、国で難病指定されている疾患になります。
最近では東北楽天イーグルスの星野監督やソフトバンクの大隣選手が黄色靭帯骨化症にかかりニュースになりました。

 

椎間関節靭帯

 

後縦靭帯骨化症 特徴

前縦靭帯のみの骨化では、運動性の低下・阻害が起こるものの神経症状はみられないことが多いです。
しかし後縦靭帯の骨化では、動作の制限はもちろんなのですが、神経の通り道にある椎孔側にある靭帯なので骨化した場所によっては、神経が圧迫され痺れや運動障害(マヒ)、膀胱や直腸などの機能障害がおこる場合があります。
脊柱に広くついている靭帯ですが、傾向としては後縦靭帯では頚部に多くみられ、黄色靭帯は胸部に多くみられるようで、さらに複数合併することもあるそうです。
また、いくつかの椎間関節に連続してなったり、飛び飛びで分かれてなったりと骨化のタイプは個人で差がみられるようです。
その他、この疾患は40代以降の男性に多く(男:女=2:1)、統計では糖尿・肥満の方に多くみられ遺伝の確率も高いという特徴があり、さらに欧米よりもアジア圏と一部ヨーロッパ地方に多いことから環境的なものとの関連性も含めて様々な視点から研究が進められています。

 

後縦靭帯骨化症 症状

骨化が起き神経圧迫のおこる部位が、大元である脊髄上部であればあるほど圧迫部より下部領域に症状が出るため全身に現れやすいでのが特徴です。こりや不快感で留まる人もいれば、四肢の痺れや知覚障害・指先の細かな作業が難しくなったり、排尿排便の機能低下や痙性歩行(膝を曲げることができず足を振り出すような歩き方)になったりなどの症状がみられる場合があります。
また、骨化の部位が関節にまたがる場合は動作制限もおこります。どの部位に骨化が起こり、かつ神経を圧迫するかしないかが緊急性が高いかどうかの指標になります。

 

後縦靭帯骨化症 治療

この靭帯の骨化は必ずしも重篤な症状が出るとは限らず、たまたま撮ったレントゲンで発覚したというのも珍しくありません。
症状が小さい時は筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などの薬を用いたり、手技療法や脊柱の牽引を行ったりすることで、骨化した部分への圧力をなるべく減らす治療が行われたりします。
ただ、骨化が自然に治癒することはなく、骨化そのものの治療法も確立されていないため要経過観察となります。なるべく激しい運動や負担のかかる姿勢・動作を避けることで症状悪化を防ぎ、様子をみることが多いようです。頚部の場合はカラー着用も有効ですが、あまり依存することで逆に筋力の低下につながることもあるたね注意が必要です。
骨化が進行し、つよい脊髄症状が出たり、患部が頚で全身に症状が発生するリスクがある場合で一定以上の骨化がみられた場合は外科手術により椎孔を広げる手法や、骨化した部分を切り取るような手術を行うことがあります。
一度手術を行えばかなりの症状改善が見込めるので、変に骨化を残して転倒・事故などの強い衝撃が加わり骨化した部位が折れてしまい重篤な状態になるよりは早目の対応をとることが望ましい場合もあるため、ドクターとよく相談して治療方針を決めていくことが大事になります。

 

                     

当院ではこの頚部後縦靭帯骨化症(OPLL)でも、あまりにも頚・肩周りの筋肉の張りがつよく受診している患者様が何人かおられます。骨化部位に負担がかからない周囲からのアプローチで患部周囲の筋の緊張を緩和することもできるのでご相談下さい。
頚部の不調や、肩こり腰痛むちうちをはじめとした交通事故でのケガなどお身体の不調は、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ