手根管症候群

2014.08.29 | Category: 疾患・症例解説

 
 

手根管症候群

 

手根管とは?手根管症候群とは?

手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれた部位を手根管といいます。このトンネルの中を正中神経と9本の指を曲げる筋肉の腱が通っています。このトンネルの中で神経が慢性的な圧迫をうけて痺れ・痛み・運動障害を起こす病気が手根管症候群と呼ばれます。
手根管の中の神経を圧迫する要因としては、使い過ぎでおこる腱鞘炎による関節内圧の変化や靭帯の肥厚などによる変性のもの、浮腫み・腫瘤などがあります。
発生原因の多くは原因不明ですが、手首を酷使する人、妊娠・出産期・や更年期の女性に多くみられる疾患です。
背景にリウマチ・甲状腺機能亢進症・先端巨大症などの疾患があって二次的におこることもあります。

 

 

手根管症候群 症状

初期には示指・中指の痺れ・痛みがあらわれ、最終的には母指から環指(薬指)の半分に痺れが発生します。(母指、示指、中指、環指半分)
急性期には、この痺れ・痛みは明け方につよくおこり、痛みと痺れで目が覚めることもあります。これは就寝時には身体の水分を失わないために抗利尿ホルモンというで、血漿浸透圧が調整されて脱水を防ぐ処置がされます。要は就寝時は水分補給ができないため、おしっことして身体の水分を出さないようにして脱水を防止しているということです。この作用により、身体に水分を溜める=浮腫みとしてあらわれ、特に血管の細い・他組織により圧迫を受けやすく狭窄しやすい部位
に浮腫みは起きやすいです。
手根管症候群では手根管部に炎症や変性をきたし狭窄を起こしやすいので、浮腫みで圧迫をうけやすくなります。就寝時の夜中・明け方に症状がつよく出るのはこのためです。この際は、温める・手を振るなどで循環を良くして浮腫みをちらしてあげると楽になるのが特徴です。
酷くなると母指の付け根(母指球)が痩せて母指と示指でOKサインができなくなります。これは正中神経が司る領域の筋肉の運動が障害されてしまい、筋委縮をおこして発生します。

 

手根管症候群の診断・検査法

手根管症候群のテスト法として、代表的なのが「チネル徴候(サイン)」・「ファレンテスト」とよばれるテストがあります。

 

横手根靭帯   ファレンテスト

 

チネルサインとは、障害部位をハンマー(打腱器)や指でたたくと障害部位の神経支配領域に放散痛が生じることで確認する方法です。手根管症候群の場合は手のひら(横手根靭帯部)を叩くと、痛みが母指~中指の指先に響きます。

ファレンテストは両手関節を図右側のような肢位をとり10秒~30秒キープすると痺れ・痛みが増強するテスト方法です。

母指球の筋力低下・筋委縮がないかは視診で確認可能なので、左右差もみながら確認していきます。

また、筋電図をつかい正中神経の伝導速度を測定したり、腫瘤が疑われるものに関してはエコー・MRIなどで検査を行うことがあります。

 

手根管症候群 治療方法

主な治療方法としては、消炎鎮痛剤やビタミン剤の処方に併せて運動や仕事の軽減、シーネ固定などで安静にして経過をみることが多いようです。
難治性のものや母指球筋の痩せたもの、腫瘤によるものは手術による治療が行われます。

 

                              

 

手根管症候群をはじめ腱鞘炎・肩や腰の痛みなどお身体の不調は何でもご相談下さい。しっかりとした知識と経験のもとテスト法なども入れて身体の状態をみていき、必要な際は病院での検査をすすめたりもしますので、お身体の状態が気になる方は気軽にご来院下さい!
むちうちをはじめとした交通事故でのケガ肩こり腰痛頭痛など様々なお身体の不調は、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ