Blog記事一覧 > ケガ > ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

2014.09.05 | Category: ケガ

  

ジャンパー膝とは?

 

ジャンパー膝とは、膝の皿(膝蓋骨)の下にある靭帯や、太ももの筋肉(大腿四頭筋)と膝の皿の付着部(膝蓋骨上部)が炎症をおこす疾患で、バスケットボールやバレーボールをはじめとした跳躍系のスポーツをされている10代~20代の方がかかりやすい疾患です。膝蓋靭帯炎(膝蓋腱炎)・大腿四頭筋付着部炎がジャンパー膝とよばれます。
膝蓋靭帯炎と同じような場所が痛みを起こす疾患には、以前書いたことがあるオスグットシュラッター病があり混同されやすいのですが、この二つは違う疾患なのでそこも書いていこうと思います。

 

ジャンパー膝とオスグッドの違いと共通点

ジャンパー膝とオスグッドの違いは主に、「症状の出る場所」と「発症する年代(原因と関係する)」です。
ジャンパー膝は先に述べたとおり、

 

①膝蓋靭帯炎(膝蓋腱炎) : 膝の皿(膝蓋骨)の下にある膝蓋靭帯におこる炎症からの痛み

②大腿四頭筋付着部炎 : 大腿四頭筋という太ももの筋肉と膝の皿(膝蓋骨)の付着部でおこる炎症からの痛み

 

に分類され、好発する年代は10代~20代のスポーツ選手(特にバレーボール・バスケットボール)に多く発症します。
痛む場所は、「膝の皿の下の靭帯部分」か「膝の皿の上縁」になります。
大腿前面の大腿
四頭筋の筋硬直(つよいハリ・コリ)とともに、大腿後面の四頭筋の拮抗筋であるハムストリングスという筋群にもつよい硬直がみられることが多いです。

 

一方でオスグッドは以前にも書いたとおり、膝蓋靭帯が骨に付着する部位(脛骨粗面)でおこる炎症です。
好発年代は10代前半の成長期中のスポーツをしている少年少女に多いことが特徴です。成長期の子供は、骨が成長するため骨の先端部が軟骨組織で形成され柔らかくなっています。ちょうどこの軟骨部位に膝蓋靭帯が付きます。ここが運動によって反復的な刺激が加わることで、軟骨部が引っ張られて隆起したり、重症化した場合は軟骨が剥離してしまうこともあります。
よって、痛む場所は靭帯ではなく、靭帯が付着する脛骨粗面という骨の部分になります。

 

ジャンパー膝

 

 

似て異なる2つの疾患ですが、治療方法はアイシング・ストレッチング・それぞれのスポーツにあった基本動作(負担がかかりにくい姿勢と動作)の徹底という点で共通します。
ストレッチに関しては、伸ばすと膝蓋靭帯や脛骨粗面に負荷がかかるため患部に負担のかからない姿勢でのストレッチが必要になります。
もみの木整骨院仙台鈎取店では、治療以外にもコンディショニング調整のため必要な正しい姿勢でのストレッチ指導も行っておりますので是非ご相談下さい。

 

                  

 

スポーツのケガ以外でも、むちうちをはじめとした交通事故治療肩こり腰痛頭痛など様々なお身体の不調は、仙台市太白区仙台南インター近くにあるイオンスーパーセンター鈎取店2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店へご相談下さい!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ