Blog記事一覧 > ケガ > 足関節捻挫

足関節捻挫

2014.10.06 | Category: ケガ

 
 

足関節捻挫

 

足関節捻挫はスポーツはもちろん、バランスを崩したなど日常生活動作のなかで起こりやすい「ケガ」の代表格です。
足関節の関節構造上、圧倒的に「内返し」肢位での負傷が多く、外くるぶし(外顆)の前方や下部の靭帯・関節包が負傷して痛みを発生することが多いです。

 

逆に「外返し」肢位で起こるタイプのものは、発生頻度は少ないものの骨折を合併することがほとんどで、重症化してしまうのが特徴です。
これは足関節の遊びが内側の方が大きい(=関節自体は不安定なぶん外力を逃がすことができる)ためであり、対して外側は関節の遊びが小さい(=関節の固定力が強いので外力を逃がすことができない)からになります。

 

それぞれ受傷時の姿勢で内返し捻挫外返し捻挫とも表記されたりします。

 

 

足関節捻挫 損傷部位

 

 

内返し捻挫

足関節内返し捻挫

 

この捻挫では前距腓靭帯の損傷が最も多く、その他では後距腓靭帯・踵腓靭帯が損傷しやすく、一般的な捻挫でイメージされるケガは、この前距腓靭帯の損傷による捻挫です。
完全断裂の場合などは手術が適用になることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

外返し捻挫

足関節外返し骨折

 

この場合に負傷しやすい靭帯は三角靭帯で、多くは内顆の剥離骨折脛腓靭帯結合の破壊を伴い、重症化しやすいという特徴があります。
骨折を伴う場合は手術療法が適用になることが多く、競技復帰までも時間がかかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

足関節捻挫 靭帯損傷による分類

 

一般的に捻挫の程度(酷さ)を図る物差しは、骨折を除けば靭帯損傷の程度で決まり、損傷の程度によってⅠ~Ⅲ度に分類されます。Ⅲ度の場合や骨折がからむ際は手術などの観血療法が適用になることがあります。

 

Ⅰ度

靭帯が伸びる程度の経度損傷
 

Ⅱ度

靭帯の部分断裂
 

Ⅲ度

靭帯の完全断裂

 

 

 

足関節捻挫 症状と治療法

 

炎症が起きての腫れ、それによって痛み・動作の制限がつよく出ることが多く、痛みのため数日は歩行不可能になることもあります。受傷肢位で疼痛が増強し、運動時はもちろん荷重時にも痛みが出やすいです。

 

炎症がみられる受傷初期はRICE(安静・冷却・固定・圧迫・挙上)につとめ、炎症の緩和を最優先します。初期段階でしっかりと対応しておかなければ修復が遅れ、治癒までの期間が長くなることがあるため、注意が必要です。

 

炎症期が終わり次第、できる限り早く動かし適度な負荷をかけていくことが、長期間の固定よりも早期回復につながります。長期固定は軟部組織の癒着や萎縮を引き起こしやすく、かえって関節の不安定性が増すともいわれますが、あまり早期のリハビリは組織が修復されないままになるので専門の知識を有した医療機関への受診が望ましいです。

 

損傷の程度がつよい場合は、手術療法が適用されることがあります。

 

 

 

                    

 

 

 

もみの木整骨院仙台鈎取店土日祝日も営業しているので、土日の部活・運動で捻挫をしてかかられる方が多いです。当院ではしっかりと受傷の程度をみて適切な処置を施していき、アフターケアも行っておりますので気軽にお問合せ下さい。

スポーツでのケガはもちろん、むちうちをはじめとした交通事故治療や、肩こり腰痛頭痛など様々なお身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ