なまはげ

2015.09.12 | Category: ひよこブログ

 
 

恐怖のなまはげ

「泣く子はいねーがー!!」

 

 

なまはげ2「泣く子はいねーがーっ!!」

「いぐねーわらし(悪い子)はいねーがーっ!!」

 

 

包丁を手に人々を叱りにくる、まさに鬼のなかの鬼。

秋田県の象徴でもあるなまはげ

 

僕(小川)は、小さいころ、「親の言う事を聞かなかったり、悪さをするとなまはげが来るぞ!!」と言われて育ちました(笑)

 

今は携帯のアプリで「鬼から電話」というものがあるようですが、秋田ではリアルな鬼に出会うことができます子供はまずパニックに陥り、ギャン泣き確定です。

場合によっては、小学校高学年の子でも泣くことがあるそうです…。

 

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA因みに、子供達を連れて僕の実家に帰省した際、たまたま男鹿総合観光案内所の前を通りました。

この案内所は道の駅様になっており、何より入口に15mの赤と青の超巨大なまはげが2体そびえ立っています。(右図)

 

それまで秋田の道を見ながらヘラヘラお喋りをしていた子供たちが急に、

 

「やめて!!!いかないで!!!おりこうにするから!!!」

 

とパニック状態に。

 

「?」と思い、ふと前方を見ると巨大ななまはげが二体。

このくらいでパニックになるようでは、本場の男鹿真山伝承館正月のイベントはとても見に行けないですね(笑)

 

 

そんな、怖い・悪そうな鬼のイメージがある「なまはげ」ですが、実は皆さんのイメージとは違ったりもします。

 

まず、「なまはげ」の名前の由来ですが、冬に囲炉裏(いろり)にあたっているとなもみ(あま)と呼ばれる温熱性紅斑低温火傷)が出来ることがあり、なもみが出来る=囲炉裏で温まってばかりで怠けている証拠とされ、この怠け者につく「なもみ(あま)」を自慢のどでかい包丁で「剥ぐ」ことから「なもみはぎ(あまはぎ)=なまはげ」と呼ばれるようになったようです。(諸説あります)

 

本来は子供だけでなく、子供・大人関係なく怠けものを戒める神様のような存在なのです。

新年に怠け心を取り払い、今年一年の無病息災、田畑の豊作、山の幸・海の幸の充実などを祈願し、厄払い的な意味もあるといえます。

 

 

因みに、赤と青のなまはげがいますが、

赤⇒ジジ(爺)ナマハゲ:男

青⇒ババ(婆)ナマハゲ:女

に分類されるようです。(地域によって異なることもあるようですが)

 

また、起源には諸説あり、

 

・九百九十九の石段説

 (これが昔話としてもメジャーだと思います)

・修験者説

・山の神説

・漂流異邦人説

 

など様々。

 

まぁ、どういった起源があろうが、子供にとっては怖い化け物にしか見えないかもしれないですね(笑)

 

「いつまで起きてるの!?早く寝ないとナマハゲに連れて行かれちゃうよ!」

 

小さな頃、いっぱい×2 言われたこのセリフ。

布団に入ってから1時間はまず寝ない長男へ、今は言う側になっています……(苦笑)。

 

                              

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ