親として

2016.09.02 | Category: ひよこブログ

 
 

親として

 

 

こんにちは。最近血液型ダイエットに興味津々の庄子です。朝晩涼しくなり、秋の気配を感じますね。

先日、とあるバレエ教室の発表会を観てきました。
 

長年の親しい友人のお嬢さんが出演する、最後の発表会でした。彼女は9月からアメリカのバレエ団に入団するため、日本を離れます。

この友人とお嬢さんとは、まだ彼女が小学校低学年だった頃からお付き合いさせて頂いており、母娘二人三脚でバレエに携わっている姿を見てきました。
 

バレエは、特殊な技術を要するとても難しいものです。

 

大まかにいうと、身体能力芸術性が必要です。加えて、スタイルの良さも求められます。そもそもヨーロッパが発祥の芸術ですから、日本人はスタイルだけでまずつまづきます。

外国で職業としてバレエダンサーになるという事は、とてつもなく難しいことなのです。

 

幼い頃から何があってもバレエを辞めずに、外国でバレエダンサーになるという目標に向かって努力を続けたお嬢さんもすごいですが、それは、親として娘を支え続けた友人あってこそだと私は思います。

 

友人は、自分の娘と他の子を比べる事をしませんでした。

 

常に娘と向き合い、彼女がつらい時、喜んでいる時、共に共感し合い、受け止めていました。

そして、その時その時娘にとって何をしてあげるべきかを考えていました。これらは、バレエに関して外部からの様々な圧力や中傷があった時も動じることがありませんでした。

 

親として当たり前のようで、出来ないこと。長い年月のなか、周りに流されそうになったり、投げ出したくなる時も多々あったはず。

 

入団するバレエ団を決める時も、さぞかし行先を心配しているかと思いきや、

 

「本人に任せているから。」

 

これから娘が自分の手の届かない所へ行こうとしているのに、この一言。

お互いに信頼関係がしっかり出来ていないと言えない言葉だと思います。

 

「親」という字は、「木の上に立って見る」と書きます。

客観的に、且つ広く子供の事を見る、という意味でしょうか。友人は、まさにこの文字通りに子育てをしてきたんだな、と思います。

 

我が家もふたりの小さい子供がいて、これから広い社会へ歩み出そうとしています。

子育てにマニュアルも正解もないけれど、迷ったり悩んだりした時、私はこの友人の事を思い浮かべるでしょう。

 

発表会で大役を任されたお嬢さんは、堂々とその役を踊り切っていました。たくさんの生徒さんの中で、いちばん輝いて見えました。

 

oya

 

 

                                 

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ