アゲハの羽化

2017.07.11 | Category: スタッフブログ

アゲハの羽化

 

みなさまこんにちは。スタッフの庄子です。梅雨なのに毎日晴れて暑いですね(@_@;)

 

今回は、まさに今日の朝、元気に羽ばたいていったアゲハチョウのお話をしようと思います。

 

数週間前、スタッフの遠藤さんから、自宅の畑にアゲハチョウの幼虫がいたからいりませんか?とのお声掛け。

子供たちにとって、本物の幼虫を実際に見て、うまくいけば蝶になったところまでを見ることが出来る貴重な機会だと思い、譲ってもらう事にしました。

 

柚子の葉の間の枝にいる幼虫は鮮やかな緑色で、頭でっかちで、鳥から身を守るための目のような模様が本物みたいで、子供たちも飽きずにながめていました。

時々もぞもぞ動くと、あっ動いた!と大騒ぎ。葉を食べている時なんかは、それぞれが良い角度で見たくてケンカを始める始末。イモムシ君、いい迷惑です(笑)

 

葉を取り換えるとき、ちょちょっと頭を触ってみたら、黄色い角をにゅっと出して怒りの表現。それをかわいく感じてしまった私は、おかしいでしょうか。

 

アゲハの幼虫は、柑橘系の葉しか食べないことをご存じですか?しかも、食べる量がすごいのですよ(@_@;)なのでフンも大量。

 

そんなイモムシ君、我が家に来てから3日後くらいに、すごく活発に動く日がありました。虫かごの天井や側面までもウロウロ。子供たちも最初ずっと見てましたが、一向に落ち着かないので、少し様子をみようね、とカゴを静かなところに移動させました。

 

翌朝見てみたら、完全にサナギになってました。前日動いていたのは、サナギになる場所を探していたのでしょう。しかし、どうしたらこの形に変われるのだろう。驚きと疑問でいっぱいでした。

 

それから約2週間。

サイトでサナギのあいだは葉が枯れても水など吹きかけたりせずそのままで、とあったので、毎日「サナギどうなった?」と気にする子供たちをなだめつつひたすら様子見。

 

そして今朝、バタバタと音がするので見てみたら、アゲハチョウが、せまい虫かごのなかで窮屈そうに羽を動かしていたのです。

ビックリしたなんてもんじゃありません。

長さ3センチくらいのちいさなサナギから、こんな大きく立派なアゲハチョウが出て来るなんて!

 

 

 

 

早朝6時ころだったのですが、子供たちを起こしてしまいました。「チョウになったよ!!」

 

飛び起きて、

「うわあああああ、すげえ!ほんとにチョウになった!」

叫ぶ息子。下の娘は、目をまんまるくして絶句。

 

しばらくの間、

「すごいねえ、イモムシさんだったのにねえ、チョウだねえ」

などとつぶやきながら眺めていましたが、早くここから出してくれ!と言わんばかりに羽をばたつかせていたので、かわいそうだから外に放してあげようね、とベランダで虫かごのフタを開けました。

 

ちょっとフタの上でじっとした後、一気に飛んでいきました。

子供たちは、「元気でねー!」と声を掛けつつ、名残を惜しんでチョウの飛んで行った方向を見ていました。

 

虫を飼うことは出来ても、サナギからチョウになる過程を見るということはなかなか出来ないと思います。子供たちにとって、ほんとによい経験でした。

遠藤さん、ありがとう\(^o^)/

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ