TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康情報 > 水分補給について

水分補給について

2018.02.28 | Category: 健康情報

 

水分補給について

 

【身体と水分】

人の身体の6~7割は水分で出来ています。子供に至っては、なんと8割が水分であるといわれています。

 

2%減少で、ノドが渇き

3%減少で、内臓機能低下など身体に影響が発生(ノドの渇きが消え、汗が出なくなる)

4%減少で、脱水が起こり(疲労感や具合の悪さ)

6~8%減少で、体温・呼吸・脈が上がり、頭痛や思考能力の低下が発生

10%減少、意識障害が起き、かなり危険な状態

20%減少で死亡

 

といわれています!

特にノドの渇きは、加齢疲労の蓄積により神経活動(感覚)の低下が起きると、自覚的にノドの渇きを感じ辛くなるため注意が必要です!

  • 高齢者の熱中症の原因は、暑さやノドの渇きを感じる感覚が鈍くなり、脱水を起こし発症することがほとんどなので、ノドの渇きを指標にせず30分~1時間に1杯は水分を補給するよう心掛けてみて下さい。

身体の水分は主に、汗・呼吸(呼気)・尿・便などで体外へ失われます。また、一般的に盲点ですが、就寝中にも汗や呼吸で大量の水分を失っているので、注意が必要です。

就寝前の水分補給は脱水予防だけでなく、身体の回復力を上げるためにも必須なので、必ず就寝前にコップ1杯の水はとるように気を付けて下さい。

また、寝起き時も睡眠中に水分を多く失うため、起き始めにまずコップ1杯の水で水分を補給するようにしてください。これにより、脳梗塞や心筋梗塞の予防につながります。
 

一般的な目安として、1日の飲料での水分補給の目安は、1.2ℓ~2ℓとされています。

 

※1度に大量摂取ではなく、こまめに補給をしてのトータル量です。運動をされている方は運動の程度に応じ、プラスで必要です。

 

 

【水分不足でおこること】

・新陳代謝が下がることで、身体のデトックス機能が低下します。

⇒便秘・浮腫み・肌荒れ・太りやすくなる・血流が悪くなる(心筋梗塞や脳卒中などのリスクアップ)…etc

※特に腎、肝・膵の解毒・消化系に負担がかかりやすく、血糖値のコントロールや腎・肝における疲労物質・老廃物の分解・排出に大きく支障をきたすことが多いです。

 

・アレルギーや痛みを引き起こす「ヒスタミン」が生産されやすくなります。

 

・身体を回復(成長)させつのに必要な必須アミノ酸の1種である「トリプトファン」の量が不足することで、イライラしやすくなるとされています。うつ病の原因ともいわれています。

 

 

【施術と水分】

施術は、身体へ刺激を加えることで、身体がその刺激に反応し、循環しやすい環境を整えることで回復能力(自己治癒能力)を活性化するのが目的ですが、水分が不足すると、刺激への反応も悪くなり、施術効果が下がってしまいます。

施術で循環ルート(路)を整えても、路を流れる水分が十分でなければ、疲労物質(老廃物)をしっかり排出できないため、施術の効果が期待できず症状も改善されにくくなります。

特に施術直後は、2kmのマラソンをしたのと同じ疲労感を身体が感じる、ともいわれますので、そのぶん水分が必要になります。

 

【水の種類】

軟水・硬水で成分に違いはありますが、水道水よりも鉱物(ミネラル)を多く含む一般的なミネラルウォーターであれば問題ありません。(理想はよりミネラル成分が豊富な硬水です。)ダイエットなどの体質変化を第一目的にする場合は、硬水がベストです。

ジュース等では糖分が多くなり、お茶も抗菌作用などのプラス要素がありますが、消化・吸収のしやすさを考えると「水(ミネラルウォーター)」で補給してあげるのが身体に負担がかからなく理想的です。

運動時はスポーツ飲料で糖質・電解質などのエネルギーも併せて補給してあげるのがおススメです。

また、内臓への負担を考えると、冷やさずに常温以上の温度で飲むのが最適です。

特に、疲労が溜まって身体の回復力・循環力が低下している場合は、なるべく消化や温度による負担をかけずに補給してあげた方が、身体に優しくかつ効率よく補給が可能なので、「常温のミネラルウォーター」が最適であるといえます。

 

 

【カフェインについて】

カフェインには利尿作用があり、水分を尿として体外へ出す効果があります。

そのため、お茶やコーヒー等のカフェインを含む飲料で水分補給をしている場合は逆に脱水を誘発し、水分が足りない状態になってしまいます。

但し、上手く利用するとカフェインはとてもいい利点があります。

疲労が溜まり内臓機能が低下すると、身体の回復・デトックス能力が下がり、老廃物を尿として体外へ排出する働きも低下してしまいます。

(水分を多くとっても、内臓の処理機能が追い付かず、摂取した水分ぶんを尿として老廃物と一緒に出し切れない状態といえます。)

このように疲労が溜まり身体の状態が悪い場合、カフェインの利尿作用を利用すると、尿として水分と老廃物が排出され新陳代謝がスムーズになるので、デトックス効果を上げる際には何杯かの水分補給のうち1杯はカフェインを含む飲料でとるのがオススメです。

 

 

【アルコールについて】

アルコールは体内で「加水分解」という形で処理をされ、尿として体外に排出されます。

加水分解とは、簡単にいうと「水で薄めて尿として体外へ排出する処理方法」です。つまり、摂取したアルコールを何杯もの水を使って薄めて体外へ出すので、必然的に脱水を誘発してしまいます。

また、睡眠直前までの飲酒は、脱水の他に著しく睡眠の質(回復能力)を下げてしまいます。

特に施術を受けた日は循環力が整い、内臓の機能も上がり疲労回復がしやすい状態になっており、この良い効果を飲酒で肝臓や腎臓に負荷をかけることで、施術の効果を消してしまいかねませんので、施術当日は避けて頂くことを勧めています。

※睡眠については、別に「睡眠について」で詳しく書いています。

 

 

【まとめ】

症状が出ている時は身体の機能が低下しているので、消化・吸収しやすい「常温のミネラルウォーター」をメインに補給をし、合間にお茶などのカフェインを含む飲み物をとって頂くと、老廃物の排出がスムーズにいきやすいのでおススメです。

また、ノドの渇きを目安とせずに、1時間ごとにコップ1杯程度の水分をこまめに摂って頂くのが理想的です。

特に、朝の起き始めと就寝前は必ず水分をとるようにして下さい。

 

施術後は、循環力が上がっているので、水分補給をしっかりすることを特に意識し、施術当日はアルコールを飲まないようにして施術効果を活かして下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ