TEL
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 筋肉についての記事一覧

大殿筋

2017.03.01 | Category: 筋肉について

 

 

単一筋では人体最大!「大殿筋」

 

 

大殿筋は、骨盤から大腿骨(太ももの骨)に向かって走行する筋肉で、単一筋としては人体で最大の筋肉になります。

殿部と下半身をつなぐ要の筋肉であり、筋肉が大きい分、股関節の可動性運動パワーに大きな影響を与え、姿勢バランス代謝にも大きな影響を及ぼす筋肉になります。

ここを鍛えることで、ヒップアップ効果が期待でき、美しい姿勢をつくりだすことが出来るので美容面でも重要な筋肉になります。

 

 

大殿筋を鍛える・柔軟性を出すメリット

 

立ち上がったりジャンプをするような動作や、脚を蹴りだす動作のように脚を使う動作のパフォーマンスが向上します。

股関節が安定するため、体幹の力強い運動が可能になる他に、ヒップアップ効果による姿勢の美しさをつくりだすことが可能になります。

また、大殿筋は大きな筋肉なので、この筋肉の柔軟性を出し使いやすくすることにより、筋肉における代謝を上げる効果が期待でき、「代謝が上がる=エネルギーを消費しやすく、太りずらいカラダ」になりやすくなります。

 

 

大殿筋のマメ知識 ~腸腰筋とのバランスが大事~

 

腰部と下半身をつなぐ要になっている筋肉の一つでもあり、俗に言うインナーマッスルである腸腰筋とのバランスも重要です。

筋力が弱まったり腸腰筋とのバランスが崩れると、歩く動作や立った時の姿勢の老化(歪み)に結びつきやすくなります。

 

次に紹介するストレッチを習慣化して、是非ケアをするようにしてみて下さい!

 

 

腸腰筋 基本的なストレッチ

 

①下図のように、足を組むような姿勢をとります。
この際、
足の踝(くるぶし)~スネの外側1/3程度をの部分を反対側の膝上に乗せるように組みます。

 

※この姿勢で腰や股関節に痛みが出る場合は無理をせず、まず治療を受けることをおススメします。

 

 

②次いで、極力背筋を曲げすぎないようにゆっくりと身体を前に倒していきます。
お尻のあたりが、
軽く伸びている感じがする程度で止めてもらい、そのままゆっくりと30秒程度を目安に深呼吸を行うことで効果的にストレッチが可能です。

 

※足を組む位置で伸びるポイントが変わるので、慣れてきたら自身で調整してみて下さい。

 

 

                              

 

 

ぎっくり腰四十肩五十肩など肩の痛み他、むちうちをはじめとした交通事故治療や、腰痛膝痛身体の歪み頭痛肩こりなど様々な身体の悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

揉みほぐしマッサージリフレクソロジー足ツボ)・オイルトリートメントなどのリラクゼーションコースは、もみの木整骨院並列の、リラクゼーションスペースUraraうらら)を御利用下さいませ。

大腿四頭筋

2016.12.23 | Category: 筋肉について

 
 

大腿四頭筋

 

 

こんにちは。寒さにすこぶる弱い三浦です。皆さん、インフルエンザに注意しましょう!

 

今回は、大腿四頭筋についてお話しようと思います。

 

四頭筋大腿四頭筋太もも前面の筋肉です。

 

大腿直筋・外側広筋・中間広筋・内側広筋の四つの筋肉から成り立ち、4つの頭を持つ筋肉ということで、大腿四頭筋と呼ばれます。

 

主な働きは、

 

・膝関節の伸展

・股関節の屈曲

 

です。

 

日常生活に関連する動作ですと、立ち上がり歩行走行時に膝を伸展させる際などに働いています。

 

大腿四頭筋は、肉離れが発生しやすい筋肉です。

ウォーミングアップされず、柔軟になっていない時に突然強く収縮したり伸ばされたりすると肉離れが起こってしまうので、運動する前はしっかりストレッチをしないといけません。

 

ちなみに肉離れを起こしやすい部位は大腿直筋中間広筋ですので、ここは特に注意が必要です。

また、大腿四頭筋あらゆるスポーツ、特に跳躍系の種目では重要視される筋肉です。トレーニングをすることで、パフォーマンスの向上につながります。

 

あらゆる種類のスクワット・レッグエクステンション・マシンを使ったレッグプレスなどで効果的な鍛錬が可能になります。

 

主に膝を延ばすときに負荷がかかるトレーニングですね。

 

スクワットですと自宅でも簡単に実践することができるので、ちょっとしたポイントを紹介します。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88スクワットのフォームを、しっかり膝の向きとつま先が同じ方向に向くようにして下さい。

 

膝関節は90度曲げると、いちばん四頭筋に負荷がかかると言われています。

 

膝を痛めないように、適度な回数で実践してみて下さい!

 

身体の循環力(筋肉によるポンピング力)の要は下肢であり、筋肉量の6~7割は下肢です。

 

筋肉は熱やエネルギーを作り出すため、基礎代謝を上げて痩せやすい(太りにくい)身体を作る際には必須です。

 

ダイエットに限らず、体調を整える意味でも、スクワットおススメですので、是非チャレンジしてみて下さい!

 

 

                               

 

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛肩こりなど様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

腸腰筋

2016.08.06 | Category: 筋肉について

 
 

体幹の要!腸腰筋

 

腸腰筋2

 

骨盤の内側から太ももの骨にべったりついている大きな筋肉、腸腰筋大腰筋腸骨筋のふたつからなります。

 

大腿神経に支配され、おもな作用は股関節の屈曲

下肢固定で上半身は前に曲がる。腹筋を鍛えてるつもりが、ほとんど腸腰筋を鍛えてるなんてことになりやすい筋です。

 

骨盤自体にべったりくっついているため、骨盤の歪み、出っ尻、腰痛など姿勢や下肢浮腫などに大きくかかわってきます。

 

よく体幹トレーニングが大切、ダイエットにもコアの筋肉をを鍛えるのが大事などど言いますが、まさに腸腰筋は体幹を安定させている筋肉なので、スポーツをやる方、ダイエットを始めようとしている人にはここを鍛えるのがお勧めです。

 

骨盤内に付着しているため、動脈静脈リンパ管リンパ節など大切な器官の通り道になっています。

 

腸腰筋が固くなり血流阻害が起こると、生理痛生理不順下腹ポッコリ便秘消化不良代謝の低下脂肪を溜めやすくなる、という問題が沢山出てきます。(えらいこっちゃですね!)

 

まさにここが固くなると、全身の機能が下がるといっても大げさではないかもしれません。

 

これって逆をいえば、ここの固さをとってあげれば代謝が上がりやすくなるので、ダイエットにも効果的ということですね(^^)

まずはストレッチで柔軟性を出してみてはいかがでしょうか??

当院のストレッチコースでは、代謝に関係する大きな筋肉はしっかりとストレッチをして固さをとっていきますよ♪

 

 

                                

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

骨格筋について

2016.08.02 | Category: 筋肉について

 

 

痩身・体質改善に必須!骨格筋

 

 

筋肉は骨格筋・平滑筋・心筋の3つに多く区分けられると前回の筋肉ブログで書きましたが、今回は痩身・体質改善・フィットネスに必須と言える、骨格筋についてお話します。

 

以前、「筋肉について」の項でもお話ししましたが、骨格筋は関節を動かす非常にパワーの強い筋肉です。

※筋肉についてはこちら→

 

屈曲方向(前方向)へ動かす屈筋と、伸展方向(後方向)へ動かす伸筋に分けられ、屈筋の解りやすい代表例では、腹直筋(腹筋)大胸筋上腕二頭筋(ちからこぶの筋肉)などがあり、対して伸筋の代表例では、脊柱起立筋(背骨の脇の筋肉)、腓腹筋(ふくらはぎ)、殿筋群(おしりの筋肉)があります。

 

力の強さは、「屈筋>伸筋」で、疲労・痛みを感じやすいのは伸筋といわれています。

 

 

また、骨格筋の特徴としては、

 

①関節運動

②姿勢維持(骨格の支持)

③内臓や血管の保護・衝撃吸収し、身体を守る

④体温の維持・熱の生産

 

があげられます。

 

特にダイエットでは、④が重要になります。

間違った食事制限は栄養不足を招き、かえって基礎代謝を下げてしまい、一時的に「体重」は落ちるかもしれませんが、逆に「基礎代謝が下がったことで、太りやすい体質になっている」可能性があり、注意が必要です。

 

しっかりと筋肉が動いて熱を出してくれるように、筋肉の柔軟性もとても大事です。

 

ボディケア(揉みほぐし)でリラックスし、筋肉循環を良くしてあげたり、ストレッチ整体で筋肉の柔軟性・バランスを整えたり、デトックス整体歪みの根本である、内臓疲労からくる歪みをとり、老廃物を処理する力を整えて、筋膜ストレッチで筋肉の柔軟性を出してあげ、全体の循環を整えて身体の疲れをリセットしてみてはいかがでしょうか?

 

ボキボキしたりつよい施術でなくても、身体はしっかりと整いますよ('ω')

当院の調整・ストレッチは身体に負担のかけないで効果の出せる技法になっていますので、ご安心ください!

夏は特に身体の身体の中が冷えて、体調不良を起こしやすい時期です。ケアをして夏バテに備えてみてはどうですか!?

 

是非お待ちしております!(^^)!

 

 

                                 

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

筋膜について 形状記憶能力

2016.07.14 | Category: 筋肉について

 

筋膜について 形状記憶能力

 

 

前回に引き続き、今日は筋膜の特徴、

 

②形状記憶能力を有する

 

についてお話します。

 

形状記憶能力って何?となると思いますが、よく「ぎっくり腰をした後から○○が痛くなるんだよね~。」とか、「クセになる」といった話を聞いたことはないですか?

 

あれにも実は、この筋膜の形状記憶が関係あったりします。

 

普段、歩く・立つ・屈むなどの動作は複数の筋肉が連動して行うことが出来るのですが、この時に働く筋肉と連動パターンが「クセ」として決まってしまう事形状記憶という能力になります。

 

同じ立つ・屈むという動作でも、個人個人で使用する筋肉の筋力割合が全然違ってきます。

 

疲労度合いが高い筋肉があると、身体はその筋肉をなるべく使用せず、色々な動作を行おうとします。これが「クセ」として出来上がると、その筋肉を使わないことが当たり前になってしまいます。

 

もちろん長期間使用率が低いままだと、筋力も低下します。

 

内臓疲労によって円背(ネコ背)→腹筋や腸腰筋が動きにくくなる→そこを使わないのがクセになる→筋力低下→身体のバランスの乱れ(歪み)

 

といった感じで、最終的に腰痛や頚部痛、股関節痛など、カバーしていた部位に痛みとして症状が発生したりします。

 

ぎっくり腰発症→負傷部位をかばう→動作で負傷部位を使用しないクセが出来上がる→筋力低下(使わないから伸縮性低下&硬くなる)→痛みが出やすい状態になる(少し使っただけでも疲労がおきやすくなる)

 

といった悪循環に陥ったりします。

 

だいたい、ぎっくり腰後に腰痛がクセになる人は、「痛みが下がったから大丈夫」と自己判断して通院を止めてしまう方に多い印象です。

 

理想は、疲労が溜まって「症状」がおこる前に、定期的にリセットしておくのがオススメです。

身体がいい状態であれば、1週間過ごすと疲労感を感じるはずなので、1週間もしくは2週間に1度、30分程度の施術で疲労を抜く…のが健康維持や美容問題にも効果的です(*^^*)

 

少し話しが逸れましたが、筋膜の形状記憶という特徴についてでした!

 

内臓疲労・筋骨格の歪み調整・血液循環調整・自律神経調整→デトックス整体

筋骨格バランス調整・筋関節の柔軟性改善→ストレッチ整体

筋疲労をリセット→ボディケアコース

足の疲労と反射区刺激で疲労をリセット・自律神経調整→リフレクソロジーコース

 

など要望にあったコースを受けてみてはいかがでしょうか??

 

 

                       

 

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

筋膜について 筋膜のつながり

2016.07.13 | Category: 筋肉について

 
 

筋膜について 筋膜のつながり

 

 

前回の筋膜の特徴で挙げた、

 

①各筋膜は全身くもの巣状に繋がっており、背骨の硬膜へ付着する。

 

について今日は簡単に書いていきます。

 

 

①については、筋肉内臓で連絡しているため極端ですが、「手足の指先を負傷した」等の傷害で筋膜の歪み・捻れが発症し、腰痛や肩痛が起こったり、肩こりによる筋膜の伸縮性低下により腰痛や股関節痛が起こる事もあります。

 

筋肉だけではなく内臓疲労により、臓器を包む筋膜の伸縮性低下⇒全く違う部位への疼痛発生!なんてことも起こります。

 

逆を言えば、手足の筋肉を使って内臓の調整も可能になるという事ですね。

当院のストレッチは内臓へ働きかけるストレッチもあるので、患者様の状態・要望に合わせて施術に入れています。

ご相談ください。

 

ちなみに、筋膜は全身で連絡をしているのですが、繋がりが強い所、弱い所があるようです。

この連動性を書いているのが「アナトミートレイン(筋膜の繋がり)」だったりします。

 

これをよく調べると、東洋医療のツボの流れである「経絡(けいらく)」と結構かぶります。

 

アナトミートレイン(筋膜のつながり)もエビデンス(医学的根拠)は無いらしいので、西洋医学の経路といった感じですね。

また、最終的に背骨の硬膜へ付着するのですが、その部位は仙骨(一般的に、みんなが骨盤と呼ぶところ)になります。

 

よくカイロ系の治療では、「骨盤と頚を調整すれば全て治る」などとうたいますが、根拠としてこんな理屈がバックボーンにあるからです。(副交感神経のスイッチもこの部位にあるので、ここが歪むと自律神経に影響が出易いです)

 

「筋筋膜性疼痛」では、原因部と違う部位に「症状」が起こることが多く、「症状」が出ている所へアプローチしても一瞬良くなるだけですぐ戻る、という特徴があります。

 

肩こり、腰痛も結果として起こる「症状」なので、原因は違う部位にあることがとても多いです。

 

当院のデトックス整体による、全身バランス調整は原因部を特定していきながら、内臓疲労筋疲労を取り、身体の歪みを整えて根本から改善していきますので、是非お試し下さい!(^^)!

 

ディープフロントライン

ラテラルライン

 

                                 

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

筋膜について

2016.07.12 | Category: 筋肉について

 

筋膜について

 

筋膜2

 

今、筋肉リリースによる施術や筋膜を柔らかくするなどの施術・治療が主流になりつつありますが、「筋膜って何?」を書いていこうと思います。

(矯正などの骨格調整も、筋膜の伸張性を出すことで歪みが改善されたりします)

 

まず、筋膜というのは、筋肉を包む膜の事で、鶏肉を切ったりするときに浅く白く伸びる皮(膜)があると思うのですが、まさにそれです。

 

もっと専門的には「浅筋膜」、「深筋膜」などいろいろ出て来るのですが、大きなイメージとしては、筋肉を包んでいる膜、でいいと思います。

 

筋肉の伸縮性は筋膜の伸縮性で、この筋膜の伸縮性が低下することで筋肉の血流も悪くなり、痛みが発生するといわれています。

 

筋肉を包んでいるのは「筋膜」骨を包んでいるのは「骨膜」と呼ばれ、内臓も同じく膜に包まれています。(大きく胸部は胸膜、腹部は腹膜、さらに固有の内臓膜)

これらも全てひっくるめて、このブログでは筋膜と呼びます。

 

この筋膜で特に重要になってくるのが、

 

①各筋膜は全身くもの巣状に繋がっており、背骨の硬膜へ付着する。

②形状記憶能力を有する。

 

という大きなふたつの特徴です。

 

次回は①と②について簡単に解説していきますね。

 

当院の整体コースの施術は、ボキボキしたりはせず、ソフトに筋膜を整えて歪みを取って行きますので、是非お試し下さいね(^^)

 

                          

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

 

 

 

筋肉について

2016.07.09 | Category: 筋肉について

 
 

筋肉

 

いま、痩せるため健康維持のため、ジムなどでの筋トレがブームですが、筋肉には大雑把に3種類あるのをご存知ですか?

今回は、筋肉について簡単に書いてみようと思います。

 

 

①骨格筋

 

一般的に「筋トレ」で鍛えたりする筋肉で、両端はを介して骨と繋がっていて、関節などを動かす筋肉です。

特徴としては、随意性(自分で意図的に動かすことができる=運動神経支配)身体を動かす方向によって屈筋伸筋にわけられる脂肪よりも15%ほど重い身体の熱(エネルギー)生産に大きく関係する大きなパワーと速度で動くため横紋構造をしている、などの特徴があります。

 

 

②平滑筋

 

心臓を除く、内臓・血管を構成する筋肉で、不随意(自分で意図的に動かすことができない=自律神経により、オートマチックに支配・コントロールされるである、ゆっくりとうごくため構造はない、などの特徴があります。

 

 

③心筋

 

心臓の筋肉で、普通心筋(大きく収縮して全身へ動脈血を送り出すため、横紋構造をしている)特殊心筋(神経伝達により決まった速度で動きがコントロールされて活動している)に分けられ、不随意(動いていないと全身に血液を送れない)である、というのが特徴です。

 

という感じで特徴があるのですが、特に美容(痩身・エクササイズ・筋トレ)で重要なのが、「平滑筋は自律神経でコントロールされている」ことと、「骨格筋の熱生産能力と、脂肪と比較した重さ」です。

 

 

                                

 

 

平滑筋(内臓)と自律神経についてはまた今度書きますが、骨格筋は「随意筋」であり自分で動かせるため鍛えやすく、これを鍛えることによって熱生産能力(=基礎代謝)が上がるため、エネルギーを消費しやすい身体(太りにくい体質)にすることが可能です。

また、筋肉の重さ>脂肪なので、体重だけを気にしたダイエットやエクササイズは危険といえますね。

 

食事制限ダイエットはヘタをすると、栄養不足→基礎代謝低下(=太りやすい体質になる)可能性があるので、注意して下さい。

 

この辺の詳しいことは、次回「骨格筋」でまたお伝えします!(^^)!

お付き合い頂き、ありがとうございました!

 

                            

 

 

ぎっくり腰・寝違えなどの急性症状や、むちうちをはじめとした交通事故治療、その他腰痛膝痛身体の歪み・頭痛など様々な身体のお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ