TEL
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

坐骨神経痛

2014.09.15 | Category: 腰痛

 

 

坐骨神経痛について

 

坐骨神経とは?

坐骨神経は人体のなかで最も太く長い末梢神経で、腰部から出て足のつま先まで伸びています。
この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激をうけると、坐骨神経の支配領域である腰・殿部・太もも・ふくらはぎ・足先に痛み・苦しさ・痺れ・感覚障害などの症状が表れます。神経が圧迫をうけると、圧迫部より下部領域の神経走行に沿った区画に症状が出現します。

 

坐骨神経痛の種類と特徴

坐骨神経痛は骨・軟骨が変性をきたし圧迫するものと、筋肉によって圧迫されるものに分類されます。
骨・軟骨の変性で起こるものとして主に、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などが挙げられ、筋肉による圧迫で起こるものとしては梨状筋症候群が挙げられます。

ヘルニアや狭窄症で起こる神経圧迫症状は、中枢神経である脊髄神経から末梢神経に切り替わり、背骨と背骨の間から左右に分かれて出ていく出口の部分(末梢神経の根本部位)で圧迫をうけるため、「根性症状」などと表されることがあります。

 

①腰部脊柱管狭窄症

神経圧迫

 

以前にブログで書きましたが、脊柱管は背骨の中央の椎孔という穴の中にあり、腰部では脊髄神経とそこから出ていく末梢神経の馬尾神経が通ります。この脊柱管が先天的もしくは加齢によって変形をおこし、狭くなったことで神経を圧迫し、腰や足に痛みや痺れ・感覚障害をおこします。詳しくは以前に書いた、疾患・症例紹介の腰痛内の「腰部脊柱管狭窄症」をご覧ください。

 

 

②腰部椎間板ヘルニア

ヘルニア

背骨は椎体という骨の連結によって構成されており、この椎体の連結部の間には椎間板というクッション作用のある線維軟骨組織が存在します。この椎間板が激しい運動や老化など様々な原因で、飛び出して神経を圧迫してしまう疾患を椎間板ヘルニアといいます。
もともとヘルニアは、「逸脱・脱出」という意味であり、本来あるべき位置から脱出(飛び出した)状態のことを指し、飛び出した場所により〇〇ヘルニアと呼ばれます。

 

(例) 鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(俗にいう出べそ)、臍帯ヘルニア(胎児におこるヘルニア)など様々です。

 

 

 

③梨状筋症候群

仮性坐骨神経痛 (234x216)

 

坐骨神経は梨状筋という筋肉の下を通って脚へ出ていきます。この梨状筋の下を通る際に坐骨神経が圧迫されて下肢へ痛み・痺れ・感覚障害をおこす疾患です。

股関節に変形などの疾患がある際に、周囲筋への負担がかかりやすく発症の原因となることもあります。また、女性は男性より骨盤の形が横に広い・筋力量が少ない・ヒールなど踵の高い靴を履く、などの理由から女性に多いとされます。ゆっくりと悪化することが多いのも特徴です。
ヘルニア・狭窄症など根性の症状と同じような下肢症状を訴えるため鑑別が必要です。

 

 

    

                              

 

坐骨神経痛はどこで圧迫されるかによって治療方法も異なります。特に筋肉の圧迫からおこるものはレントゲンには写らないので注意が必要です。もみの木整骨院仙台鈎取店では、徒手で行うテスト法を用いて、どこで圧迫されている症状であるのかをきっちりと診てから施術にあたります。
腰痛や坐骨神経痛に限らず、お身体の様々なお悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!
むちうちをはじめとした交通事故治療や、肩こり腰痛頭痛をはじめとした様々なお身体の不調をサポートしておりますので、是非ご来院下さい!

 

腰痛 慢性腰痛の発生原因

2014.08.01 | Category: 腰痛

 
 

慢性腰痛とは?

腰痛には「原因」の項目であげた急激につよい痛みが走る、ぎっくり腰をはじめとした急性腰痛と、慢性的に痛みないし苦しさがあり、生活環境(仕事の忙しさや運動など)で痛みが変動する慢性腰痛がありますが、腰痛が慢性化するまでの流れはどういった経過をたどるのでしょうか?

 

腰痛が慢性化するまでの流れ

通常、腰痛の「痛み」は神経や筋肉が何かをきっかけに炎症をおこすことで発症します。筋・関節組織の損傷で損傷部位が炎症をおこして痛みが発生するので損傷部位が修復されれば痛みが消失します。
一方、慢性腰痛では筋肉が炎症をおこすものと神経が炎症をおこすものに加え、心理・社会的要因からくる精神的なものなどが複雑にからみあって「痛み」を発生し、持続させます。この「痛み」が慢性化するまでの経過は、痛い場所の治療をせずに放置したり再発を繰り返すことによって、脳へ痛みを伝えていた末梢神経が障害され、腰部の状態が改善しても神経が興奮したままで痛みを伝達し続けるようになってしまうことでおこります。また、腰痛によって身体を動かさないでいるとそれが精神的ストレスとなり、これが続くと痛みを抑制する脳の機能が低下して神経が過敏になり、さらに身体を動かさなくなる…という悪循環に陥ります。さらに「自分は腰が痛くなりやすい」という自己暗示のような思い込みからも余計「痛み」を感じやすい状態になります。

 

負傷⇒痛みが発生⇒動かない⇒ストレス⇒神経が過敏化⇒少しの動作でも痛みを感じ易くなる⇒負傷⇒…

 

このように、上記のような悪いサイクルをつくり出してしまいます。また、動かない・腰をかばうことにより、筋肉が硬くなり循環が悪くなったり、股関節や膝関節など周囲の筋・関節部に二次的な症状が出る可能性もあります。
このような慢性痛に関しては湿布や痛み止めなども効きにくいことも多いようです。

 

器質的疾患がある場合の慢性腰痛について

慢性的な腰痛が存在し、以前にレントゲンを撮った際にヘルニアや狭窄症と言われた、もしくは腰痛がずっと存在し一向に良くならないため病院に行って検査をしたらヘルニアと言われた、などの場合の腰痛はどうでしょうか?
実際、レントゲン所見ではヘルニアと診断されても無症状の方もいます。ヘルニアの場合は、飛び出した椎間板が神経根を圧迫している症状が出ているか?が重要なポイントになります。ただし、椎間板が飛び出ているぶん「神経を圧迫しやすく、痛みが発生しやすい」ことは確かです。
一概にヘルニアをはじめとした器質的な疾患が背後にあったとしても、それが必ずしも今の腰痛・ずっと続く腰痛の原因であるとは断定できないので注意が必要です。

 

                 

 

慢性腰痛は様々な要素が絡み合うため治療が非常に難しい症状です。もみの木整骨院仙台鈎取店の施術ではこわばった筋・関節の運動機能回復とその連動性を確保する施術や、かばっていることによって生じる左右のバランスの乱れなども診て治療していきます。
腰痛の治療や相談は、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店へご相談下さい。
交通事故むちうち肩こり頭痛など様々なお身体のお悩みをサポートしております。是非ご来院下さい!

 

 

腰痛 急性腰痛(ぎっくり腰)の処置方法

2014.07.28 | Category: 腰痛

 
 

急性腰痛(ぎっくり腰)

 

腰痛には「原因」の項目であげた急激につよい痛みがはしる急性腰痛ぎっくり腰など)と、慢性的に痛みがあって痛みの程度は状況によって変動したりする慢性腰痛とがあります。この二つのパターンで対策の仕方も変わってきます。
今回は急性腰痛の対処方法についてお伝えします。

 

 

 

急性腰痛(ぎっくり腰)の対処

 

患部(筋・関節)に炎症がおきている場合が多いので冷湿布アイシングが効果的です。

冷湿布とは消炎鎮痛作用のあるものを指し、湿布自体には基本的に「冷やす」作用はありません

 

消炎鎮痛作用の効果でスースーした冷感を感じるだけです。

この炎症がおきている期間で入浴をする際は、ぬるめのシャワーにとどめ、炎症が亢進しないようにしましょう。安静に過ごし、炎症を鎮めるのが重要です。

場合によって、関節(深部)の炎症は周囲筋の過緊張で関節への負荷をつよめるため、湿布の消炎鎮痛を行いながら患部周囲筋を温めるほうが予後が良い場合も多いです。

この際は、過剰にアイシングを行うと筋肉が冷やされ、筋肉が固くなってしまい結果として関節にかかる圧力をつよめることになってしまいます。
 

炎症部位に対しての処置の基本は「RICE」に従って、
 

R=Rest(安静)

 I=ICE(冷却)

C=Compression(圧迫)

E=Elevation(挙上)
 

が原則ですが、特にIce(冷却)に関しては「炎症部位に限って」となります。

関節に冷却作用が届くにはそれよりもまず表層にある筋肉に冷却がいき、徐々に浸透して関節に届くようになります。

先に挙げたとおり筋肉が冷却によりこわばり、関節へ圧迫を加える際は超音波治療器などの専用医療機器を使って冷却作用を短時間で深部炎症部位まで飛ばす方法や、炎症の鎮静は湿布にたより、筋肉に対してはこわばりを防止する・循環を良くして新陳代謝を即す、などの意味で温めるという処置方法があります。

僕も以前、ぎっくり腰になった際に腰の激痛と共に脚へ痺れが発生し、一応レントゲンを撮るために整形外科を受診したことがあります。

この時、腰の関節の炎症で脚に痺れが出ているから「湿布を貼って温めて」という指導を頂いたことがあります。

筋肉で炎症(肉離れ)の際は直接筋肉を冷やすのは効果がありますので、炎症部位が関節なのか筋肉なのかの判断はとても重要です。

当院でも関節の炎症か筋肉の炎症かをしっかりと状態を診て、今の状態に合った施術内容を患者様にお伝えをし、納得して頂いてから治療にあたっております。

場合によっては整形外科の紹介もしていますので安心してご来院下さい。

 

 

                         

 

 

急に腰痛を発生した際は治療は、腰痛のタイプやその対処法も含めて、もみの木整骨院仙台鈎取店へご相談下さい。

「痛み」だけでなく、姿勢や動作のクセなども考慮し「なぜ発症したのか」も考えて施術と説明にあたっていきます。

その他、保険についてなど何でも結構ですので何か相談などありましたら、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店にご相談下さい。

むちうちをはじめとした交通事故治療肩こり腰痛頭痛など様々なお身体のお悩みをサポートしております。是非いらして下さい!
 

腰痛の原因

2014.07.22 | Category: 腰痛

 
 

腰痛の種類と原因

 

 

腰痛の分類

 

まず、腰痛にはぎっくり腰に代表される突然おこる急性腰痛と、繰り返しおこる慢性腰痛とがあります。

また、腰痛にはレントゲン等の画像所見でヘルニア・すべり症・狭窄症などと骨の異常が認められ診断がつくものと、レントゲン所見では判別できない腰痛があります。

 

前者を特異的腰痛(見える腰痛)、後者を非特異的腰痛(見えない腰痛)と呼び、その比率は2:8で圧倒的に非特異的腰痛、つまり画像では何も見えず原因が分からない腰痛が圧倒的に多いという統計が出ています。

では画像に写らない腰痛としては何が挙がるのかというと、まず一般的には筋筋膜性腰痛や背骨の間にある靭帯や関節包の損傷によっておこる椎間関節性腰痛が挙げられます。

その他、内臓疾患が原因のものや精神的ストレスからくるもの、などが挙げられます。

 

 

 

腰痛の原因

 

では腰痛をおこす原因としては一体どんな理由があるのでしょうか?

急性腰痛では、物を持ち上げた・立ち上がろうと力を入れた時や、くしゃみ・咳でも発生することがあり、急な筋収縮関節への圧力でおきるといえます。

 

慢性的に腰の筋肉の張りがある場合や、背骨を支える多裂筋などのインナーマッスルの機能低下起立筋の筋力の低下肥満で関節に負荷がかかりやすい、なども腰痛を引き起こす原因になりやすいです。

このような状態が背景にある場合は、背骨を支える機能が低下していたり、筋肉自体の疲労が溜まった状態のため、ぎっくり腰などの急性腰痛を発症しやすい状態であるといえます。

 

また、椎間板が減っているなど骨自体に器質的な要因があり、関節に負荷がかかりやすい状態の場合は周囲の筋肉で補助をするため筋疲労が蓄積しやすく、これも急性腰痛を発症しやすくなる要因となります。

 

その他、喫煙飲酒寝不足などのストレス、外部環境(気温など)も腰痛と因果関係があるため注意が必要です。

 

 

 

腰痛をきたす疾患

 

腰痛をきたす器質的疾患では以下のものなどが挙げられます。

 

 

・椎間板ヘルニア

 

・腰部脊柱管狭窄症

 

・腰椎分離症、すべり症

 

・変形性脊椎症

 

・腰椎圧迫骨折

 

・腫瘍

 

・結核性、化膿性脊椎炎などの感染症

 

・内臓器からのもの

 

 

などが挙げられ、それぞれの疾患で症状も似通ったものと特徴的なものがあるためしっかりと問診で原因を探り、状態を把握して絞っていくことが大事です。場合によっては即時要検査のものもあるので、常に意識をして気を付けることが重要になります。

 

 

               

 

 

ひどい腰痛になる前に予防として筋肉の張りをとったり、今の状態を確認する意味でも早めの対応がぎっくり腰など急性腰痛の予防になります。

腰痛についてはもちろん、どんな些細なお身体の不調にも対応いたしますので何か相談などありましたら、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fの、もみの木整骨院仙台鈎取店にご相談下さい。
むちうちをはじめとりた交通事故治療肩こり腰痛頭痛など様々なお身体の悩みをサポートしております。是非ご来院下さい!

腰痛 脊柱管狭窄症

2014.07.17 | Category: 腰痛

 
 

腰部脊柱管狭窄症とは?

 

 

脊柱(背骨)の基本構造

 

背骨まず、背骨は脊柱と総称され、頚椎(7個)胸椎(12個)腰椎(5個)24個の骨で形成され、仙骨(5個)~尾骨(だいたい4個)へ連結されています。仙骨と尾骨は骨が癒合し一つの骨になっているが、元は頚~腰の骨のように個別に分かれていました。

人が二足歩行になり、体重をしっかりと支えて姿勢と動作が安定するように癒合したとも言えると思います。

 

一般的な背骨単体の基本構造は椎体、椎弓、上下左右後方の突起で形成されます。

椎弓で囲まれた部分を椎孔と呼び、椎孔が連なってできた空間を脊柱管と呼びます。この中を脊髄が通り、これを結合組織(硬膜クモ膜など)や骨膜で囲まれ、さらに脊髄液で満たされて保護されています。

 

また、椎体と椎体の間には軟骨でできた椎間板が存在し、背骨にかかる様々な衝撃を和らげてくれるクッションのような役割をしています。

 

 

脊柱管狭窄症の病態・特徴

 

上に記載した脊柱管が、骨の変形・何かしらの疾患の影響・先天的なもので脊柱管が狭くなり、そこを通る神経が圧迫をうけて腰の痛み、脚の痛み・痺れ・感覚運動障害等を引き起こすことを脊柱管狭窄症と呼びます。

 

通常は加齢による脊髄変性症でみられる症状ですが、椎間板ヘルニア骨粗鬆症腫瘍によって起きる場合もあります。
発症年齢は
50代~80代に多く、腰を反った姿勢で神経と血管が圧迫を受けやすくなり症状が強く出やすくなるという特徴があります。
 

その他、歩行時に徐々に足に痺れや痛みが出現し歩行困難になるが、椅子に腰掛ける・前かがみになって休むと回復する間欠性跛行という症状がみられます。

前かがみ(=腰部前屈)姿勢では腰椎の反りが緩和し脊柱管の内腔が広がるので神経圧迫症状が減少するため、下肢症状が軽快します。
 

また、神経が圧迫をうけるパターンにより以下の3つのタイプに分類されます。

 

 

①神経根型

脊髄の硬膜を神経の束が通り抜け、椎体の間から左右に出て行くまでの部位で神経が圧迫されておこる状態です。左右のどちらか一方の下肢に痛み・痺れ・間欠性跛行の症状が出ます。

 

②馬尾神経型

脊柱管の中を通っている脊髄神経が馬の尻尾のように何本にも広がり分かれている神経束が圧迫をうけておこる状態です。両下肢への痺れ・痛み感覚障害に加え、排尿排便障害(膀胱・腸を管轄する神経が圧迫される)を起こすこともあり、手術が必要な場合もあります。

 

③混合型

神経根と馬尾神経が同時に圧迫を受けて両方の症状がおこる状態です。

 

 

 

治療方法と対処法

 

治療方法

 

①のタイプで症状が軽い場合は以下のような保存療法が適用されます。

 

薬物療法

⇒非ステロイド消炎鎮痛剤・貼付薬・塗り薬・内服薬などで鎮痛を図ります。

 

理学療法

⇒超音波治療・温熱療法・腰椎牽引で循環改善を図ります。

 

装具療法

⇒コルセットなどで腰部の安定化を図ります。

 

神経ブロック療法

⇒「痛みをブロック=神経節への痛みの情報伝達を遮断する」ことや、炎症を鎮静させる目的で局所麻酔薬を駐車します。硬膜外・神経根ブロックがあります。

 

 

のように馬尾神経障害の症状で排尿・排出障害がある場合は手術が適用されます。

この際、「脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く=圧力を下げる」ことが目的となります。脊柱管を狭くしている部分の骨や靭帯を削る手術が行われます。

 

 

 

対処法・予防法

 

・姿勢に気をつけ負担のかかりにくい姿勢をこころがけましょう。
(座りっぱなし・立ちっぱなしなど長時間の同一姿勢で頚や腰の血流が滞り、障害が起こりやすくなります。)

 

・年齢に合わせた、身体に負担のかからない適切な運動を心がけます。
(安静にしすぎて身体を動かさなければ筋肉の柔軟性・血流が悪くなりかえって悪影響になります。)

 

・食生活に気をつけます。偏った栄養摂取は避け、状態に合わせた正しい水分補給を心がけていきます。
(暴飲暴食は肥満の原因となったり栄養不足などから、関節への負担を大きくしたり痛みをつよく原因にもなるため注意が必要です。水分補給も、季節や状態に合わせて電解質・糖質の適度な補充や、カフェイン摂取からの脱水なども気をつける必要があります。)

 

 

 

鑑別が必要な疾患

 

似たような下肢症状を引き起こす疾患としてはヘルニアによる坐骨神経痛真性坐骨神経痛)や、殿部の筋肉の部位で坐骨神経が圧迫をうけるタイプの坐骨神経痛(仮性坐骨神経痛)などがあり後者は梨状筋という筋から圧迫をうけるため、梨状筋症候群とも呼ばれます。

 

腰部ヘルニアでは主に前屈位で椎間板が飛び出て症状がつよくなるため、腰を反って(後屈)で悪化し前屈で軽減する狭窄症とは違いがあります。また、好発年齢や間欠性跛行の有無も違いがあります。

 

間欠性跛行をきたす疾患として閉塞性動脈硬化症があります。

この症状をおこす疾患でバージャー病と呼ばれる疾患があります。抹消動脈に血栓が生じ、閉塞することで循環障害をおこす疾患で、圧倒的に男性に多く、発症した人のほとんどが喫煙していることが大きな特徴の疾患です。

 

循環不全での間欠性跛行では足の指先にチアノーゼ症状がみられたり、抹消動脈の拍動が消失する、などの特徴があり、神経性のものと鑑別されます。

股関節に臼蓋形成不全などの疾患があり、股関節が不安定な場合などは周囲の筋肉で関節の安定化を補助するため、この慢性的な筋の緊張により循環障害を引き起こす場合もあります。

 

臼蓋形成不全とは股関節の骨盤側(受け皿)の骨と、大腿骨頭の適合性(受け皿の深さが浅く不安定)が悪くなっている状態のことで、先天的な要因が大きいようです。

 

 

                       

 

 

保存療法が適応される際のケアや、循環改善のための治療、炎症緩和のための超音波での治療など当院で対処・治療も可能です。

その他、ぎっくり腰四十肩五十肩など肩の痛みの他、むちうちをはじめとした交通事故治療や、腰痛膝痛身体の歪み頭痛肩こり骨盤調整など様々な身体の悩みは、仙台市太白区仙台南インター近くにありますイオンスーパーセンター鈎取店2Fもみの木整骨院仙台鈎取店までご相談下さい!

 

揉みほぐしマッサージリフレクソロジー足ツボ)・オイルトリートメントなどのリラクゼーションコースは、もみの木整骨院並列の、リラクゼーションスペースUraraうらら)を御利用下さいませ。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ