TEL

筋肉検査 | 仙台市・太白区・仙台南 もみの木整骨院仙台鈎取店

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 骨盤調整・バランス調整整体・自律神経調整 > 筋肉検査

筋肉検査

2016.11.14 | Category: 骨盤調整・バランス調整整体・自律神経調整

 

自分の身体の使い方が分かる!

筋肉検査で主導筋を見つけてセルフケア!

 

gaikotu立ち上がる座る踏ん張る走る…人間は日常生活をするにあたって様々な動作をして過ごしていますね。

疲労が溜まると、肩がこる腰が痛い疲れる重い痺れる…など、人によって様々な「症状」を起こしますが、同じ職業で同じ作業が多いのに、一方は肩こりが酷く、もう一方は腰痛がクセ…。こういうことありますよね??

家庭環境なども影響するので、全てがこうとは限らないですが、人それぞれ姿勢を保つために働く筋肉や動作時に使いたがる筋肉に個人差があります

例えば、AさんとBさんが同じように前屈をする際に、Aさんは〇〇筋をメインに前屈動作を行うが、Bさんは□□筋をメインに前屈動作を行う…、というような具合です。

大きく分類すると、下肢主導タイプ上肢手動タイプに分かれ、さらに前面後面に分かれてきますが、ざっくりと「動作主導筋=疲労を起こしやすい部位」という感じですね。

 

これを踏まえると、同じ肩の痛みを訴えていても、下肢主導タイプの方の「肩関節痛」と、上肢主導タイプの「肩関節痛」では痛みが出るまでの疲労蓄積の仕方に違いがあり、下肢主導タイプの方関節痛は下肢を施術しないと、関節可動域が戻らなかったり痛みがとれなかったりします。

 

この主導筋が筋骨格系の歪みの根本になるので、自分の主導筋を知っておき、セルフケアを日ごろ行うことで色々な症状の予防になります!

もし、ご自身の身体のクセを知りたい・症状を改善したい場合は是非ご相談ください(^^)