TEL

万が一の交通事故に備え任意保険は加入しましょう | 仙台市・太白区・仙台南 もみの木整骨院仙台鈎取店

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 万が一の交通事故に備え任意保険は加入しましょう

万が一の交通事故に備え任意保険は加入しましょう

2017.05.15 | Category: 交通事故・むち打ち治療

 
 

交通事故事 任意保険は大事です!

 

 

交通事故は自分が運転をいくら気を付けていても、他者のせいでもらう事もあれば、車自体に急に故障が起きて他者を巻き込むこともあります。

つまり、「絶対起きない・起こさない」は有り得ないといえます。

 

自分がいくら運転技術に自信があっても、想定外の何かが起こって加害者になることもあれば、被害者になることもあります。

 

「自分は運転に気を付けているから、任意保険に入っていないよ。お金もかかるしねー。」

 

て人がたまにいますが、裏を返せば、

 

「自分は事故を起こさない(自信がある)。=相手が悪い場合は相手から全部補償してもらえる。」

 

というふうに聞こえます。

 

交通事故には「完全0:100事案」というものが存在しますが、それ以外は相手の方が過失が重かったにしても、こちらにも過失が付くことがあります。

例えば相手が赤信号を無視し、突っ込んできた場合は通常「0(自分):100(相手)」事案ですが、当初自分が悪いと認めていた相手が、後で「黄色信号だった」と言ってきたり、弁護士を介入させてきて本来相手のケガや車の修理などを補償する「任意保険」を使うことを拒否してくるケースもあります。

 

この場合、すぐに相手の任意保険を使ってケガの治療・車の修理を行うことが難しくなります。(相手が自分の任意保険を使うことを拒否した場合、相手の損保は対応できなくなる…ようです)

こういったケースでは、ケガの治療も車の修理も相手側と折り合いがつくのを待ってはいられないですよね?

特に弁護士なんて介入してきた場合は、こちらも弁護士を立てないと、事故で身体も酷いのにそれ以外の事も色々と降りかかってくることになり、心身ともに余計キツくなります。

 

こういう時、自分を守るために自分の任意保険でケガや車の修理をとりあえず済ませたり、「弁護士特約」に加入していれば、上限はありますが弁護士を立てて交渉にあたってもらう事が可能になります。

 

結局、任意保険は自分に何かあった時のために入るもので、自分とその家族を守るためのものです。

 

100:0の完全加害者の場合の際は勿論ですが、そうでない場合も何があるか分かりません。

自分自身もそうですが、大切な家族を守るためにも、車を運行するなら是非任意保険は加入するようにして下さい。

 

任意保険も色々な「特約」があるので、きちんと内容を把握して必要なものに加入して下さいね。