TEL

治療期間に係る事故の程度の評価 | 仙台市・太白区・仙台南 もみの木整骨院仙台鈎取店

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 治療期間に係る事故の程度の評価

治療期間に係る事故の程度の評価

2017.12.26 | Category: 交通事故・むち打ち治療

 

交通事故の評価について

寒くなり、夜や朝は路面が凍結している部分もみられるようになり、交通事故には十分に注意が必要な時期になりましたね。

スピードの出し過ぎ車間距離には十分注意して車の運転を行って、交通事故に遭わないように気を付けて運行して下さい!

さて、先日当院を受診されている患者様で、損保とのやり取りの中において唐突に

「軽度のむちうちなので、1~2ヶ月をめどに考えています。」

と伝えられ、

「なぜ自分はこんなにも症状が酷いのに、軽症扱いされるんだ!!」

というやり取りがあり、それについて患者様より質問がありました。

 

これについては、断言はできませんが交通事故によるケガの評価において、「事故の程度はどのくらいか?」が基準になることが多いです。

この際、「事故の程度」というのは「車の損傷具合」を目安にされることが多く、

 

車が軽度損傷=事故の衝撃は少ない=ケガも軽微なもの

 

と評価され易くなります。(当たり前の話しですが…)

 

ただ、いくら軽微な衝撃であっても、事故時の姿勢などにより一点へ衝撃が加わるような場合(頚部負傷時では横向き姿勢など)では、衝撃の程度(車の損傷具合)と負傷の程度が一致しないことが多くみられます。

このようなケースでは医師診察診断を定期的に受けていないと、「症状が酷い、改善率が悪い」ということの証明と、通院継続の必要性を立証しづらくなります。

原則として医師のみが状態・症状を「診断」する権利があるので、最低でも週1度は整形外科を受診しておくべきです。

また、損保会社には過去の膨大なデータがあり、それを元に「このくらいの衝撃で起きたケガであれば、〇ヶ月で平均で治癒している。」という統計がある為、そのデータを基準にしているようです。

まずは、医療における評価を下す権限は医師のみが有する権利である為、しっかりと整形外科に罹りながら整骨院接骨院を受診することが基本中の基本なので、ここはしっかりと理解しながら治療にあたるようにして下さい。

 

整骨院へかかる利点としては、

・受付時間が病院よりも長く仕事終わりにも受診しやすい(当院は20時迄の受付)こと

・徒手による施術を受けられる

・待ち時間が病院より短い

・予約が出来るところがある(当院は可)

等が挙げられます。

 

さらに当院はイオンの中にあるので、駐車場の心配がなく、かつ土日祝日も9時~20時むちうち迄営業しており昼休憩もない為、受診しやすい環境であるといえます。

また、キッズスペースもあるので子連れもOKです!

 

むちうち等の交通事故によるケガ以外でも、何かあった際は、もみの木整骨院仙台鈎取院へご相談下さいませ!