TEL
MENU

Blog記事一覧 > スタッフブログ > 夏休みの思い出と宿題

夏休みの思い出と宿題

2018.07.31 | Category: スタッフブログ

 

 

夏休みの宿題と思い出

 

 

皆様こんにちは、もみの木整骨院仙台鈎取店院長の小川です。

 

7月も後半に入り、小学生は待ちに待った(親にとっては迷惑!?な)夏休み突入ですね。

今年は国が「災害」と認定するほどの強烈な暑さで、熱中症の患者数が過去最多更新中とのことなので、皆さんも水分補給温度管理には十分気を付けてお過ごし下さい。

 

先日、上の子供が夏休みに入り、「自分が低学年の時の夏休み…何してたんだっけ??」とふと思ったことがありました。

 

もちろん今よりは暑くないですが、毎日学校のプールへ行き、外で遊び、宿題は保留…最後に焦る!だった気がします(笑)

スーパーファミコンが出だしのころで、当時流行っていたスーパーマリオやストリートファイターⅡなどのゲームも皆で集まってやっていた記憶がありますね。

 

学校から出た宿題は、定番のドリル系や絵日記の他、読書感想文やら交通事故作文やらもの凄く面倒で大変だった記憶があります。
母親が地域のコミュニティーセンターで事務をしていて一人で仕事をしていることが多かったため、1・2年くらいの時は勉強と掃除などの手伝いの為、半強制的に午前中連行されていたような気がします。

 

そんな昔の出来事を、休みの日に子供の宿題を一緒にやったりしていると思い出します。

 

中でも自由研究の時に自分でテーマを決めて何かをやる、という宿題があり、当時の自分は昆虫が好きで、よくバッタなどの虫をつかまえていました。

そんな感じだったので、自由研究では大きな虫かごに昆虫をたくさん入れて「虫」のサファリパーク的なものを作ろう!!と意気込んで、大きな大きな虫かごを買ってもらいました。

 

土を入れ、草を入れ、木の棒も入れて自分的には自然界と同じ状況を作り出し(た気になり)、その中へイナゴトノサマバッタ、その他名前が思い出せない昆虫…等々、取れるだけ取ったものを虫かごに入れていきました。

 

そんな中で、事件が起きます。

草原へ出張中、大きなカマキリを捕まえて子供ながらに大興奮!

(子供ながらにカマキリは見た目からもその強さが伝わる為、大物を捕まえた感じがしてテンションはMAX)

勿論、帰って来てすぐさま虫かごへ投入します。

 

その後、宿題やらなんやかんやで次の日に。

最初は「?気のせいか前より虫がいなくなっている…?」くらいでしたが、なんせ大きな虫かごで土や草も大量に入れているので、見つけられないだけだと思っていました。

後日、草と土を入れ替えようとした時にカマキリ以外の虫がいないことに気づきます。

 

ビックリして父親へ聞いたところ、

「そりゃあ当たり前だ!カマキリに食べられたんだぞ。知らないで中に入れたのか!?」

とのこと。

さらに、

「動物や昆虫が生きている自然界は弱肉強食で、生きること自体が過酷なんだ。餌を摂るのも命がけなんだ。(だから人間は恵まれているから食べ物を)好き嫌いして残しちゃダメなんだぞ。」

と、途中で少し主旨がずれていますが、言われたのを今でも覚えています。

 

これをきっかけに四文字熟語に興味を持って、後に四文字熟語の小さい事典を買ってもらうのですが、とりあえず初めて覚えた四文字熟語は「弱肉強食」。

確か1年の夏休みの出来事だった気がします。息子の宿題をみながら思い出しました。

 

 

息子も毎日、ドリル・プリントなど定番の宿題に毎日の一言日記、工作に絵日記、毎日のお手伝いとやることが一杯な中、ぐずりながらも一生懸命頑張っている姿がとても微笑ましいです(*^ー^*)

 

子供と過ごせる時間を大事にして、思い出を作れるようにしていきたいですね。

 

今年は特に暑いので、皆さんも気を付けてお過ごしください!

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0805 宮城県仙台市太白区鈎取本町1-21-1
イオンスーパーセンター鈎取店2F
駐車場イオンの駐車場をご利用下さい(多数あり)
予約お電話でのご予約が可能です
電話番号022-243-2523
休診日なし


イオンスーパーセンター 鈎取店 館内マップ