TEL

野球治療 | 仙台市・太白区・仙台南 もみの木整骨院仙台鈎取店

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ケガ・スポーツ外傷 > 野球治療

野球治療

2018.10.01 | Category: ケガ・スポーツ外傷

野球治療

スポーツの王様は今でも野球であることは間違いなさそうです。見てもよしプレイしてもよしの野球は日本ではすっかり根付いているスポーツといってもいいでしょう。
それはプロ野球の盛り上がり、春夏の高校野球を見ていても一目瞭然です。
いっぽう、上のあるスポーツですから、練習もきつくなりがちで、故障者が多いのも事実です。
そのときは野球治療に詳しい仙台市太白区鈎取本町のもみの木整骨院仙台鈎取店にお任せください。

 

「様々な症状に対応します」

野球をしていて、例えば遠投のときに肩に違和感がある、肩甲骨に張りがあるようだ、曲げたときの膝に鈍い痛みが走るなど、投げること一つとってみても様々な症状が現れます。
野球をしていたら当然の痛みで誰もが痛みを抱えながらやっているという意見もあります。
しかし、昔の根性野球は今では通用しません。
激しい運動は身体に悪いということをはっきりと認識しておく必要があるのです。
野球治療には症状に応じて様々なものがあります。
まずは、仙台市太白区鈎取本町のもみの木整骨院仙台鈎取店で症状をお聞かせください。

 

「様々なアドバイスができます」

多くの人が携わっている野球ですから、様々な考えがあると思います。
野球治療一つとってもそれは違う今はこうしなくてはいけないというものがあります。
30年前40年前までは足腰を鍛えるために行っていたウサギ跳びという練習は今では腰は膝を痛める元となるので御法度となっています。
仙台市太白区鈎取本町のもみの木整骨院仙台鈎取店では現在の最新の治療で野球選手の抱える悩みに応えます。