TEL

フットサル治療 | 仙台市・太白区・仙台南 もみの木整骨院仙台鈎取店

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ケガ・スポーツ外傷 > フットサル治療

フットサル治療

2018.10.01 | Category: ケガ・スポーツ外傷

フットサル治療

 

サッカー人気もあってフットサル人口も増えているようです。
サッカーもフットサルも変わらないように見えますが、フットサルは床の上で行うので、サッカーよりも足首や膝、腰に対する負担が大きいとされています。
そして人数も少なくコートも狭いですから、運動量も多くなるのです。
疲労度はバスケットボール並とする人もいますし、激しさに比例して怪我をする人も多くなっているのが実情です。
そのようなフットサル治療に仙台市太白区鈎取本町のもみの木整骨院仙台鈎取店がお役に立ちます。

 

「急な運動で気をつけたいこと」

フットサル人口は増えているようです。
サッカーを経験があるという人はチームへ入るように勧誘を受けることもあるのではないでしょうか。
どうしてもサッカー経験者はフットサルを軽く見る傾向があると思いますがそれはプレイしてみるとその気持ちが間違っていることに気がつくはずです。
攻めるも守るも全部こなさなくてはいけないフットサルはストップゴーが多く疲労度はサッカー以上とのことです。
そのため、疲労も蓄積して思わぬ事故を起こしてしまうこともあるでしょう。
そのようなフットサル治療に仙台市太白区鈎取本町のもみの木整骨院仙台鈎取店が対応いたします。

 

「激しい運動だからこそ」

フットサルを見ているととにかく縦横無尽に休みなく走らなくてはいけないことに驚かされます。
専門的な立場からみると、固い床の上で常に反復横飛びのような動作をするのは骨盤のズレが心配されます。
そのようなフットサル治療は仙台市太白区鈎取本町のもみの木整骨院仙台鈎取店で定期的に受けてください。